旧サイトより記事を移動中につき表示が乱れている可能性があります。

闘病

【闘病】入院・手術の記録

更新日:

予定通り2泊3日で退院してきました。
やったことの備忘録として書いておこうと思う。

入院初日

13時までに来いとあったので少し前に到着。

病室に案内される。
4人部屋、配置は窓際であった。

この日は何をするでもなく先生と少し明日の予定を離した程度。
制限は夕飯が出る18時以降は絶食。
水分は翌日の10時までは可能とのこと。

入院2日目

いよいよXデーがやってきた。
前日の話では手術は12時とのことだったが、14-15時にずれたことを朝伝えられる。

点滴の針

11時前ごろに看護師の方が点滴の針を刺しにやってくる。
私の腕は全く血管が見えないので、採血は毎回「手の甲からでいい」と伝える難物だ。

看護婦さんが挑戦するも刺さらず。
手術用の針は太いらしくちょっと痛い。

看護師のお兄さんにバトンタッチ。
よく代打を頼まれる自身ニキだったようだがやはり刺さらない。

手の甲は痛いからできるだけ避けたいらしいのだが、私は毎度のことなのでなんのことはない。
だが邪魔にならない場所に越したことはないので、そのまま前腕に何度か刺してみるも結局は刺さらず甲に。


曰く前腕に良い感じに筋肉が付いているんだとか。
何かやっているのかと聞いてくるのだが思い当たる節は無い。
キーボードを打ってる時間が長いとか、何かあるんですかね・・・?

手術

3時頃だったかな。
看護婦に連れられて手術室へ徒歩で移動。

名前と手術する部位の確認をされる。
手術台に自分で寝転ぶ。
後はいろいろ体に付けられていく。

最初は痛み止めが流されたんだったかな。
「体が熱くなったりふわふわしませんか」と言われるも何も感じない。

次は麻酔だったかな。
この地点で漸く医者の言うふわふわ感を理解する。

なんだか視界がぼけて焦点が合わない感じというのかな。
ドラマとか映画とかで気を失う前の表現みたいな感じですね。

「ああ・・・この感じですかね? なんかふわふわと・・・」
その後医者が何かを言ったと思うのだが・・・

術後

・・・突然の強烈な尿意。
事前に看護師からこんな説明を受けていたことを思い出す。
尿道に管が入るので、終わった後はトイレの事しか考えれないレベルでむずむずすると・・・
そんな記憶と下着を履いたような記憶がおぼろげにある。

次に気が付いたときはもう病室のベッドの上だ。
相変わらずの尿意と脇の下の若干の痛みに目を覚ます。

(´ω')おわ・・・った?・・・のか!!?

まだ意識が寝起きの感じ。
顔に付いているマスクが鬱陶しいのだが、暫くは付けていないといけないらしい。
取れた後は首からかける心電図だか酸素だかを図る機械を付けられた。
この地点で20時になっていたと思う。

脇の下の傷はたま-にジワジワとくる。
切って縫い付けてある割には痛くない。
痛み止めが効いているのだろうか。

結局この日は終始点滴暮らし。
夜中に抗生物質を2度ぶら下げにきたと思う。

トイレ

問題はその後のトイレだ。
変なむずむず感が薄れるにつれて確かな尿意を感じる。
渋々起き上がってトイレにいったのだが・・・

(´×ω×`)ッ!!!!!!!!!!!!!!!!!

尿道に管が入っていたから傷でもついてんのかな。
余りの痛さに悶えるわ。
食わずじまいの点滴暮らしなので妙にトイレに行きたくなる。
そのたびに気が重くてしょうがない・・・

入院3日目

事前に明日には退院と聞いていたのだが、自分の状態を見るに本当に大丈夫なのとかと疑問であったものの、一晩経つだけで意外といけるもんやなって・・・

朝食はもう食べても良いらしいのだが、どうにも病院食が口に合わず、みそ汁と白米だけを食べて終わり。

その後は先生がやってきて、傷口に付いていたドレーンを抜き取る。
再来週の月曜日に抜糸という予定の説明と傷口の管理についてのお話。

保護はドレーンが入っていた場所からガーゼになにも出なくなったらもういい。
風呂はシャワー、傷口は脇の下なんで洗って清潔にしてほしいとのこと。
「帰ってすぐでもいいの」と聞いたら"いい"とのこと・・・まじか。

そのまま午前中にあっさり退院し今にいたる・・・


ここから先は内科の先生にバトンタッチかな。
化学療法をやるとなるとまた入院になるのだろうか。
1日中ゴロゴロしているせいか、慣れない場所ということもあるのか、夜全然眠れないのが辛いんだよなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

-闘病
-

Copyright© おおなんという・・・ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.