おおなんという・・・

オンラインゲーム、備忘録、時々日常を綴る...

MHW

【MHW:I】なかなか手を付けられなかったアイスボーンを始める

更新日:

凄く楽しみにしていたのですが、9月に入ってから多忙すぎてまとまった時間が取れない。
それでも少しずつかじってようやく本格的なスタートまでこぎつけたぞ。

始まりの洗礼

いきなり雪中を泳ぐ魚竜種とな・・・
もう少し雪山感のあるモンスターが来るかと思っただけに意外。

ガンランスで挑んだが思ったより動き回るわね。
いつも通りチクボンしていたのだが、流石マスター級なのか初見の相手で不慣れなのかタフい。

体に雪を付着させるのはまるでジュラトドスのよう。飛ばして来て氷やられにされたりもするのね。肉質も硬化するのかな、雪にしては硬すぎやしないか・・・

雪中からの突き上げもガードを固めていれば安心、安全性重視でちまちま攻める。
・・・そこま強くはないようね。まぁ入門という感じのモンスターだしそりゃそうか。


魚竜種にしては咆哮があるのに驚いた・・・ぐらいですかね。

力仕事はバフバロにお任せ

上のクエストで既に姿は見せてくれていた子。縄張り争いをしていたわね・・・感じ的にはボルボロスポジ?
・・・なんて舐めてかかったら思ったより強かったわ

今回はハンマーで出撃。
いざ対面するとちょっと大きいので届くか不安でしたが問題はなさそう。

見た目通り猛牛、兎に角パワーに任せた攻撃という感じですね。大振りだったり突進だったり。
突進が既存モンスターより面倒くさく、何かを角で引っかけて持ってくる。岩は叩きつけのよろけが鬱陶しく、倒木は範囲が一気に増すので脅威だ・・・

こいつも氷やられを持っているようだがマップ依存なんですかね。
なんだか属性やられが多いのぉ・・・


ローディングに突進中だかに一部スリンガー弾で止めれるとか書いてあったような。
私の中ではイマイチ地味だったスリンガーだが、抜刀中でも使えるようになったので有効活用はありえる・・・のか?

氷土の番人・トビカガチ亜種

MHW出身モンスターの亜種がいよいよ登場・・・
こんな爬虫類フェイスだったっけと思ったが、改めて原種を見てみると結構そんな顔しているんだな。

トビカガチといえば尻尾叩きつけの大技というイメージだったのだが、こいつは猛毒状態にする毒吐きが鬱陶しいことこの上ない。
想像以上に体力の減少が早い割に解毒薬は悠長に飲んでくれるので・・・

尻尾を破壊できれば解決する問題なのかな。まだ話の流れで戦った程度なのでわからないや。


今まで考えたことも無かったが、MHにおける亜種というのはどういう意味なのだろうか。
ブラントドスもかつてはジュラトドス亜種とか呼ばれていたのかな・・・

感想等

操作を覚えているか不安だったのですが、そこは自転車と同じで体が覚えていた模様。
トビカガチに早速1乙貰う程度の腕前だったので先行きは不安だ。

敵に関してはまだ今回戦った3匹のみだが、状態異常系が多くて鬱陶しいわね。何かしらの部位破壊で抑えれるのかな、とりあえずもう少し遊んでみないとなんともね。

新要素のクラッチクローは凄く楽しい。ハンマーで使うと病みつきになるなこれは・・・
溜からクローに繋ぐの強すぎない。(´・ω・`)

装備は今のところ上位のままなのだが、そのうちマスター級の物に置き換えていかないとダメなのかな。
即死するわけでもないので暫くは様子見かなぁ・・・


・・・なんというか・・・とにかく楽しい。
でも時間が・・・時間が足りないんじゃ・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク

-MHW
-

Copyright© おおなんという・・・ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.